二重整形に必要な費用とは|知って役立つ整形のノウハウ

婦人

切開法を知る

ドクター

一重は、見た目の印象がパッとしません。アイメイクでも、ぱっちりした目を作ることはできますが、取れば一重に戻ります。一重をコンプレックスに感じると鏡を見るのが億劫になるでしょう。整形の良い処は、目のコンプレックスを取り除いてくれることです。施術を受ければ、二重のために専用のテープやつけまつげを大量に装着する必要がありませんし、ナチュラルメイクでいけるでしょう。近年は目の整形にかかる費用も安いので、お金がない学生も気軽に受けています。施術時間も短いため、メイク間隔で受ける人もいるでしょう。人気になった理由は、アイメイクに時間をかける必要がなくなることなので、時間を短く済ませたい人は必見です。目の整形では、主に埋没法を使用しますが永久的に二重を維持する場合切開法が良いかもしれません。方法は瞼にメスを入れてしっかりとしたラインを作ります。埋没法と大きく違うのは切開について恐怖心を抱くことです。また、埋没法に比べるとあまり良い印象がないためあえて選ばないケースもあります。中には埋没法が適さない目もあるのでその時は、ドクターがお客さんの目の状態と費用、希望を聞いて判断をし、切開法を勧めることもあります。しかし、切ることを強く拒むようなら糸の数を増やすことで綺麗な二重にすることができますから、すぐに切開を希望せずドクターと話し合いを重ねながら決めていきましょう。目を切開する整形のメリットは、持続性です。埋没法だと糸で留めているだけなので時間が経過すると取れて元通りになります。そうなると費用をもう一度支払って施術を受けなくてはいけません。リスクがなく時間も短く済むメリットがあってもコスパがかかるようなら負担になる場合もあるでしょう。切開法は一回の施術で二重を維持出来るので、戻ることは一切ありません。綺麗な二重にしてもらえればやり直しのために費用をかけることもないでしょう。デメリットとしては、やはり瞼へ直接メスを入れるため腫れる期間は長くなります。個人さはありますが、それ以上に長引くことも考えられます。それもある程度過ぎれば目立たなくなりますので騒ぐようなことではありません。

二重になるしくみは、目を開ける力と重なるくらい薄い皮膚で成り立っています。切開法を勧める特徴的な瞼は、厚すぎて糸を使った折りたたみができないことです。この力を上げるには、余分な肉や皮膚、筋肉を除去しなければならず、費用も高くなることがあります。しかし、二重をより長く持たせられる唯一の方法なので、やる価値は十分あります。ただ長く持つ切開法の中でも眼瞼下垂の施術を併用したものは後戻りがしにくいと評判が良いです。眼瞼下垂は、瞼が黒目と重なる症状を言い、見た目は眠そうな印象があります。その多くは眼瞼下垂と診断されることが多く、これらの症状は先天性がほとんどです。ただ加齢によるものやハードコンタクトレンズの使用が長い人にも見られるので最近は後天性の眼瞼下垂が増えている印象です。眼瞼下垂の施術は、目を開く力を回復するために行ないますが、それともう一つ全切開二重整形を組み合わせて行います。そうすると持続効果がさらにあがり、眠そうな印象も一瞬でなくなります。この二つを併用するので費用もかかりますが、目のコンプレックスがなくなると考えればメリットしかないでしょう。とはいえ、この方法も自分の目に最適なのかを知ることはとても大切なので、適切なアドバイスをもらうためにも相談が必要になります。