二重整形に必要な費用とは|知って役立つ整形のノウハウ

目元の悩みは整形で解決できる

切らないで出来る方法

カウンセリング

一重で腫れぼったい目は、眠そうな印象があります。中には目つきを指摘されることもあるでしょう。ぱっちりとした目は整形で作ることができますが、最初は不安が先走るものです。一番いい方法は、埋没法です。この方法は切開をせず二重にできる最新の施術でメスを使うことなく理想の目元を作ることができます。施術時間も15分程度で終了するので、デートの待ち合わせをしている合間に受けられる手ごろさがあります。そのため、近年メイク感覚で二重の整形を受ける人が多くなっています。目の整形をするメリットは、施術費用が手頃なこと、埋没に関してはダウンタイムが少なくなるので仕事を休む必要がないことです。万が一気に入らない場合は、糸を取り修正することが可能なので安心できるでしょう。一方、切開法は永久的に二重を維持できる整形なので、埋没に並んで人気がある方法です。またメスを使うので費用も高くなる傾向にありますが何度も施術を繰り返すことを考えるとコスパは大変いいです。ただいきなりメスを入れるのは気が引けますから、埋没法を使って自分に似合う二重幅を探し、後で切開をするやり方もあります。医師の腕にもよりますが、顔に合う二重にしないとバランスが悪くなる可能性がありますし、切開をした後は修正が難しくなりますから慎重にならなければいけないでしょう。埋没法のデメリットは、何かあった時に糸がほつれてしまうことですが、保証期間内だと無償で治してくれる美容外科もあるので費用がかかりません。埋没法は、目を開ける動作を借りて二重にする方法ですが、瞼の肉が厚すぎると糸を止めることが難しくなります。また、目を開ける力が弱いと糸の力だけでは不十分になるため皮膚を切開しなければいけません。埋没法がむいている瞼は、脂肪が人よりも若干薄く、目を開く力を持っています。これらの条件をクリアすれば、メスを使用せずにナチュラルな目元を手に入れられるでしょう。


目の整形で最も人気がある埋没法は条件がつけられているため、希望に沿った二重にならないと判断された時は医師から施術を断るケースがあります。しかし、医師の腕が高くなると、瞼や目を開く力が弱くても埋没法で二重の整形をすることができます。ポイントは糸の数を増やすことでしょう。薄い瞼の場合は、一か所のみの糸で十分ですが厚くなると四か所糸を留めることになります。これくらいの数があれば、例え目を開ける力が強くなくてもぱっちりとした目にすることができるでしょう。しかし、これは自身の希望を踏まえたもので実際は、美容整形外科医の意見を参考にしなければいけません。正しい判断ができれば、目の整形に失敗することはないですが見極められないようなドクターだと失敗する恐れがあります。文句の付けどころがないくらい綺麗な目の整形をしたいなら、ドクターがどのように対応をするのかカウンセリングを通して知る必要があります。人気のドクターが推進する目の整形は、ダウンタイムが他よりも少なく、腫れがほとんどないことで有名です。施術後は、メイクをして帰れる利点から若い人を中心に人気を集めています。とても負担が少ないですが理由としては糸を縛るやり方にあります。最新の方法は完全な埋没法と同じで挙筋に糸をかけて整形をします。この時、きつく縛らないのが施術のポイントです。人によっては取れるのではという不安がありますが、優しく縛ることで目への腫れを抑えることができ、尚且つ負担を軽減しますからとても優しい方法だといえるでしょう。費用はサイトでも公開しています。

目元

二重になる仕組み

整形で人気の二重は、他の部位より安い費用で受けられるためとても人気があります。また、施術を受ける前に二重になる仕組みを知っておくとカウンセリングでも施術について詳しく質問することができます。

ドクター

切開法を知る

二重の整形は、主に埋没法が盛んですがくっきりとした目元にするなら切開法が良いかもしれません。方法はメスを使うことになるため、費用もかかりますからカウンセリングは時間をかけてゆっくり行なう必要があります。

鏡を見る婦人

美容外科の基本

目を二重に整形をするには、費用を元に美容外科を探す必要があります。見つける時は費用と技術の有無、施術の多さに注目をすることで失敗せずに受けることがあります。ポイントもあるので頭の中に入れておきましょう。